本文へスキップ

不動産売却査定。長野市、千曲市の土地、一戸建て等の売却相談

電話でのお問い合わせはTEL.026-214-5206

〒381-2205 長野県長野市青木島町大塚875番地5

媒介契約書MEDIATION

媒介契約書
依頼者は売却目的物件の売買、交換の媒介、代理を宅地建物取引業者(不動産会社)に依頼します。
1.目的物件の表示
売却物件の所在地、面積、地目等の概要、媒介価格を確認します。
2.宅地建物取引業者の義務
契約の相手方を探索するとともに、契約の相手方との契約条件の調整等を行い、契約の成立に向けて積極的に努力いたします。
3.宅地建物取引業者の業務
購入者(買主)に対して目的物件の売買契約が成立するまでに宅地建物取引業法35条に定める重要事項について取引主任者が記名、押印した書面を交付して、説明します。売買契約が成立した時は宅地建物取引業法37条に定める書面(契約書)を交付します。登記、残金決済等、目的物件の引渡に係る事務の補助を行います。
4.有効期間
媒介契約の有効期間は3か月を超えない範囲で協議の上、定めます。
5.報酬の請求・受領時期
媒介によって目的物件の売買又は交換の契約が成立したときは依頼者に報酬を請求できます。ただし、契約書(宅地建物取引業法37条の書面)を契約の当事者に交付した後でなければ報酬は受領できません。
6.特別依頼に係る費用
特別に依頼した広告の料金又は遠隔地への出張旅費は依頼者の負担となります。
7.違約金の請求
専任媒介、専属専任媒介契約を締結した場合は有効期間内は他の宅地建物取引業者に媒介の依頼をすることはできません。依頼者がこれに違反し、契約を成立させた場合には宅地建物取引業者は違約金を請求できます。
8.更新
媒介契約の有効期間は合意に基づき、更新することができます。
9.反社会的勢力の排除
自ら、ないしは役員等が反社会的勢力ではないことを確約します。
10.契約の解除
宅地建物取引業者が媒介契約に係る業務について信義を旨とし誠実に遂行する義務に違反した場合、重要な事項について故意、若しくは重過失により事実を告げず、又は不実のことを告げる行為をした時等は契約を解除できます。
11.その他
特約等を締結しても依頼者に明らかに不利になる条項は無効となります。