本文へスキップ

不動産売却査定。長野市、千曲市の土地、一戸建て等の売却相談

電話でのお問い合わせはTEL.026-214-5206

〒381-2205 長野県長野市青木島町大塚875番地5

住宅ローンで家を売却MORTGAGE

売却する前に

住宅ローンに関係する自宅の売却については、最終の手段である場合が多くなります。自宅は売却することができたとしてもその後、アパート等の住居に対する費用というものは生活する上で必ず、必要となってきます。現状の生活の中で売却以外で対応できることがあればそちらで対応することが望ましい場合もあります。売却することで借金問題は解決できる場合もありますので、ご相談いただければと思います。

1.住宅ローンの支払いが厳しい

近年の不況により年収が下がった等の事由により住宅ローンの返済が厳しいため不動産売却相談をうける場合があります。一般的には収入に対して住居費は2〜3割程度であれば標準的です。他の支出を確認して家計の見直しをはかることにより対応できる場合があります。また、他の金融機関で借換をすると金利等によりますが支払い金額が下がる場合があります。

2.住宅ローンを滞納しそうである

まずは金融機関に相談することをお勧めします。住宅ローンの条件変更が認められれば、3年程度は元金の支払いが猶予されます。その期間は金利の分だけの支払いとなりますので月額の返済額は格段に楽になるはずです。ただし、3年経過後には元の返済額に戻りますので、現在の生活状況が改善されない場合には注意が必要です。(金融円滑化法は25年3月で終了しました)

3.家を売却する決意をした

自分の住んでいる家を手放すことは大変に勇気のいることです。それでも家を手放すことにより住宅ローン問題を解決したいご意向の方は不動産会社に現在、どの位の金額で売却できそうか査定依頼いただあければと考えます。住宅ローンの残高によりますが、売却することで手元にお金を残せる可能性があります。借入の残高が売却査定価格を下回る場合には再度、今後の対応について協議が必要です。