本文へスキップ

不動産売却査定。長野市、千曲市の土地、一戸建て等の売却相談

電話でのお問い合わせはTEL.026-214-5206

〒381-2205 長野県長野市青木島町大塚875番地5

不動産を高く売る 仲介と買取の違いSELL DEAR

1.土地を高く売るためには

 インターネットの普及等により格段に購入希望者は土地の価格の情報を入手することが容易となりました。そんな中で相場より高い金額で売出をしていますと、周辺にもし価格が安い土地があれば検討の上、そちらの物件を購入してしまう可能性が高いです。
 ただしご近所の方であったり商業用地でどうしてもその沿線に出店したい等の事由がある場には相場よりも多少、高値で売却できる可能性はあります。また、土地を見学した際に草が生え茂った状況であったり、古家や物置等残地物があるよりも解体してキレイに整地されている方が印象が良いため多少、高値で売却できる可能性がありますが相場とかけ離れて高い値段がつくというわけではありません。

2.建物を高く売るためには

 一戸建て住宅、マンション、アパートといった建物がある場合ですが、建物の内見の印象により左右されます。例えば荷物等が散乱している状況であったり、掃除してなくゴミがある場合などは印象が悪くなるため荷物は整理整頓し、ゴミ等は片づけしておくことが望ましいです。
 また、建築した際に仮に建築費用が2000万円かかったとしてその1年後に売却を考えた際には不動産の査定上は1900万円程度の査定金額が算出される可能性がありますが、購入者は新築した方が価格的にメリットが出ると考えられる可能性が高いので新しい建物がある場合にはそのあたりを考慮した中での価格設定が重要です。

3.仲介と買取の違い

 土地、一戸建て住宅、マンション等の不動産を売却する場合には「仲介」と「買取」の2種類の方法があります。仲介とは不動産を所有する売主と購入を希望する買主を不動産業者が仲介し契約を締結することを言います。買取とは不動産会社が不動産を所有する売主から不動産会社が買主となり買取ます。不動産会社が買取した場合にはその後、土地の場合には土留め、水道等の設備工事といった造成工事、建物の場合にはリフォーム等を実施して再販売することで利益を得ることとなりますので、一般的には仲介の場合よりも売主の手取り金額は下がります。多少、時間がかかっても高値で売却したい場合には仲介がお勧めです。ただし、近所に知られたくない、生活している環境を他人に見せるのは嫌だ、早く売却したいといった事情がある場合には不動産会社の買取で検討した方が良いと言えます。また不動産会社が買取をした場合は売主に対する責任の一切は不動産会社が負うこととなりますので事情を考慮して検討することが大切です。